女性が早く結婚するには年代によってとる行動が違う

女性が早く結婚するには年代によってとる行動が違う
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

20代は若さを武器にして婚活に挑む

 

「若さ」、それこそ女性ならば誰しも一度は手にすることができる、婚活界最強の武器です。ところが20代女子に、なぜか自信のない人が多いのです。

 

周りの女性も同年代の、若い女性ばかりであることが多いためです。

 

特にSNSは、結婚・出産ラッシュに入ると、リア充アピール祭りです。心を惑わされるようであれば、思い切って退会もひとつの手です。

 

ここで、あなたも負けずに価値があることを思い出さねばなりません。

 

たとえば、オリンピック。1秒を争う高いレベルの戦い。フィギュアスケートで、日本代表が銅メダルを取ったとしたら? 金メダルには届かなかったところで、世界レベルなのは間違いありません。

 

AKB48でいちばん不細工でも、日本の女性のなかではトップレベルではないでしょうか?

 

前置きが長くなりましたが、恵まれた武器を持っているうちに動くのは賢い20代といえるのです!

 

20代ならば独身男性も多く残っているし、職場恋愛、合コンやイベントのお誘いも多いものです。

 

若さならではの出会いも謳歌しつつ、20代の婚活女子にオススメなのは結婚相談所なんです。

 

「自然に結婚できなかったときの最後の砦」

 

とイメージされやすいので盲点なのですが、実は20代女子にこそ結婚相談所は向いているのです。

 

私の友人は25歳で入会し、すぐに100人以上からお見合いの申し込みが殺到。サクッと成婚したのはいうまでもありません。年齢で検索される場こそ強さが発揮されるのです。

 

確実にいい獲物を仕留めたいなのならば、若さという武器が生かせるうちに活動をはじめましょう!

 

30代は挑めば挑むほど成果が出る

 

つい最近まで20代であったのに、ガラリと周囲の環境が変わる30代。

 

優良物件の多くは売れてしまい、独身男性の数は激減します。まれに、婚活パーティに参加しようとするも、「女性29歳まで」と門前払いになることもあります・…

 

いままでとは違うということを意識して、とにかく数をこなすべき年代が30代なのです。

 

ここで本気を出すか出さないかで、後の人生が大きく変わってくるのです。

 

つまり積極的に婚活に出かけることをオススメします。

 

20代の頃とは異なり出会いの場へのお誘いは減るのですが、自ら作ればいいのです。30代なら問題はありません。独身男性が減ったとはいえ、探せばまだまだ残っているものです。

 

一時のプライドを捨て、「紹介してくれませんか?」とお願いしてみてください。

 

仮にその場で4人の男性と出会ったら、その4人から芋づる式にまた新しい出会いを手に入れるつもりで挑みましょう!ネズミ講のようでありますが、少ない資源を大切に扱う女性こそが勝利を得ているのも事実です。

 

私の調査では、30代で結婚した人が多いのですが、その多くは自ら狩りに出かけています。

 

30代は結婚を意識しない自然な出会いというものは少ないのですが、同年代の男性も結婚適齢期のため、実は、勣いたら勣いた分だけ結果が伴ってくる年代なのです。

 

周囲に男性との知り合いが多い職場であれば、集団戦で合コンをしてみましょう。

 

人に知られるのは恥ずかしいという個人戦志望者ならネット婚活など、戦いやすい方法を選んで、数をこなすのがオススメです。

 

40代は余裕を持って穴場を狙う

 

40代はさらに独身男性が激減する年代ではあるのですが、穴場があります。

 

それは、バツイチ組です。40代のバツイチ組が婚活市場に舞い戻ってくる頃なのです。

 

バツイチ男性というと、特に相手を選ぶ余地がある20〜30代には敬遠されがちです。けれど、離婚の理由にもよるのですが、バツイテの魅力というものがあるのです。

 

一度でも一人の女性と結婚しただけの責任感がある → 逆に、女性から「結婚してもいい」と思われるだけの男性である

 

独身の30代男のすべてがいい男じゃないように、離婚歴があっても全員男性に問題があって別れたわけではないのです。条件だけではじかれてしまったなかに、貴重な原石も眠っている穴場なのです。

 

実際にバッイチ男性と幸せそうに交際している友人も多いのです。

 

出会いの場所として、合コンでの出会いはさすがに激減するので、個人で参加できるネット婚活も人気です。

 

また、侮れないのは友人の紹介です。いままで築き上げた友情をフル活用して、「募集中」だと伝えておきましょう。友人からしても、この年齢になると軽い気持ちで紹介できなくなります。逆に、友人から信頼されていれば、自分の存在を思い出してもらえるものです。

 

国勢調査では35歳以上で独身の女性は2%しか結婚できないと出ていましたが、私の知り合い(アラフォー)はお互いに励まし合い、紹介し合い、この1年だけで何人も結婚しているのです。

 

以上、合コン、ネット、紹介、どれも挑んでみれば意外と特別な出会い方ではありません。アメリカではネットで知り合って結婚することは、一般的な恋の始まりになっています。

 

なお、アラフォーの方、最後に苦言を聞いてください。

 

あなたが自ら動かなければ、半径5メートルの生活圏内では出会いはないのです!(断言)

 

「転職してきた彼と運命の出会い」

 

「友人の誘いで参加したバーベキューで一目惚れされた」

 

などという超・自然な出会いというものはないのです。

 

特に、人格も生活スタイルも、基本的な人間として必要な土台が仕上がっている未婚アラフォー女性。そして恋愛に対して消極的なわけでもなく、「こんなに仕事もでき、美人なのに」と感じる場合は、「唯一の悪癖」を持っていらっしゃらないだろうか?

 

酒乱や潜在的な悲恋願望、出会って初日のベットインは、結婚を目指すなら改善が必要です。

 

悪しき習慣を断ち切ることも、立派な婚活です。悪しき習慣を断ち切ることは何よりも効果が抜群なのです。

 

まとめ

  • 年代ごとに有利な戦場と戦略を持てば、必ず成果は表れる!
  • 20代は若いというだけで自信をもってOK!結婚相談所がオススメ
  • 30代はやればやるほど結果につながる。いろんな婚活を経験しましょう
  • アラフォーはバツイチや友人知人の紹介が狙い目

早く結婚するための具体的な方法はこちらをご覧ください >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加