女性が早く結婚するには実家暮らしを卒業した方がいい

女性が早く結婚するには実家暮らしを卒業した方がいい
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

実家暮らしだと結婚が10年遅れる

 

私の周囲にいるアラフォー独身女子たちには、共通点があるのです。それは、ほぼ全員が実家暮らしということなのです。

 

ただの偶然と片付けてしまうには、あまりに実例が多かったので、彼女たちにヒアリングをしたところ、因果関係がわかってきました。

 

いちばんの問題は、「親兄弟がいて寂しくないこと」。

 

「家族とはそこまで仲よくないよ?」という方も、もちろんいると思います。けれど、一般的に独り身にとっては、親族以上に長く一緒に過ごした相手がいるいうほうが少ないと思われます。

 

そういう意味で、外でコテンパンにされても、待つ人がいる家に帰れることは、孤独がやわらぐすばらしいものなのです。だからこそ、適齢期の女性には毒にも薬にもなるのです。

 

一人暮らしの方の多くが、このような場面に遭遇したことがあると思います。

 

  • 冬場、心身共にクタクタで帰宅した、寒い廊下、真っ暗な部屋
  • 休日、足の小指を角にぶつけて「痛っ!」と叫んだときに、その日はじめてしゃべったと気付き、私は1人なんだと実感する
  • 人間関係で涙した深夜に、なぐさめてくれる相手が見つからないアドレス帳
  • ゴミ回収の日を、2回連続で出しそびれてしまった…

 

悲しいことだが、婚活をしていると(慟いていてもそうですが)「己を全否定された!」と感じることさえ、ときにあります。そんなときに一つ屋根の下に誰かがいるといないとでは、孤独感が変わってくるのです。

 

そのため、苦しい婚活の戦いを耐え抜いてまで「結婚しよう!」と努力を継続できるかの、差に開きが出るのは自然なことといえるのです。

 

孤独なやるせなさが、婚活へのモチベーションを高めてくれます。男性がやさしく助けてくれたときには自然と「ありがとう」という心からの感謝にもつながってくるものです。

 

現在、一人暮らしで孤独を感じている女性は、その時点で一歩リードしているといえるのです。

 

結婚すると生活レベルが落ちることに不安を感じる

 

実家は食事も、掃除や防犯も安心。それだけでなく、私の周りでは、「生活レベルを落とす暮らし(一人暮らし・結婚)をしたくない!」という声さえ聞こえてきます。

 

そうなんです。実家暮らしの場合、生活レベルが無条件にかなり引き上げられていることが多いのです。

 

もし一人暮らしだったら、自力で自由に使えるお金や生活レベルは、実家暮らしより控えめなはずです。

 

家賃や水道光熱費を気にせず、家事の負担も軽く、気軽に洋服を買えたり、海外旅行に行けるのは、かなり恵まれた状況なのです。

 

そういった環境から結婚となれば、自分か働きながら家事を担当し、時間や金銭面でも自由を手放さなければいけない。

 

マイナスを強く感じてしまう人がたくさんいるのです。

 

マイナスイメージを持たれてしまう

 

友人ユウコ(36歳)は料理が趣味なのですが、実家暮らしだと知られると、

 

「どうせお茶漬けくらいしか料理できないんでしょ?」と勝手なイメージを持たれてしまうそうです。

 

ところが、思い切って一人暮らしに挑戦しただけで、男性からの扱いがガラリと変わったといいます。

 

おしゃれ命のユウコであったのですが、本当のモテアイテムは一張羅のワンピースではなく、お弁当を入れるランチバッグなのだと実感したといいます。

 

節約のため、実家時代から継続している趣味の料理が、「ちゃんとした子」と見られるようになったのです。

 

一人暮らしはお誘いされやすい

 

また、ユウコは一人暮らしによって、婚活に必要なフットワークの軽さも飛躍的にアップしました。

 

急な集まりでも気軽に参加できるようになったのです。

 

いままでは都心まで往復2時間の郊外に住んでいたため腰が重かった分、引っ越しによって、出会いのチャンスにもより恵まれるようになりました。

 

おいしいことに、一人暮らしだと申告するだけで「近くの××ってレストランがオススメだから、今度行こうよ!」など、食事に誘われる件数も大幅にアップするのです。

 

とにかくメリットしか感じられないと、一人暮らしライフを語っています。

 

実例を見てきて、実家と一人暮らし女子の、結婚に対するスタンスは約10年の開きがあるように見えます。

 

実例を申し上げると、28歳(一人暮らし)と38歳(実家暮らし)の友人が、同時期に同じセリフをいっていたのです。

 

「やっと気付いたの。遊びでつき合うのはもう充分! 結婚前提じゃなきゃ!」

 

「そろそろ結婚意識してて。女の扱いがうまいイケメンに遊ばれるのは、もうやめる!」

 

等々。私の勝手な調査により、このようなケースがいくつも見られたのです。

 

どんな美女でも同じ

 

また、美女も一般女子よりも、恋愛・婚活戦場でちやほやされる期間が長いため、10年遅れて危機感がやってくるようです。

 

このサイトでも言っているのですが、美女ではないからこそ得られるものがあるのです。美女と自覚がある女性より自分を「普通」だから努力せねぱと思っている女子のほうが。意識を高く持ち、結果として早く結婚できるという最大の利点があるのです。

 

美女の実家暮らしともなると効果倍増で、10年ところ15年以上に延長されることもみられます。「焦る」と聞くとよくないイメージがあるのですが、適度な緊張感はときに必要です。うまく焦りとつき合えば、実力が存分に発揮できるものなのです。

 

思い切った手と思われるのですが、実は一気に状況を変えられる、オススメの一人暮らし。ずっと実家で暮らしていた女子には特に有効なのです。

 

なお、かなりの財力のある女性となると一人が快適すぎて、「他人と住めないカラダになったわ!」という例もあるくらいです。しかし、その女性においては、一人暮らしの楽しみを持てる、余裕ある姿、その自立した生き様が男性にも魅力的に映ったようです。かなりの特殊な例です。

 

なお、私の周りで、

 

「福山雅治みたいな人と結婚したい!」と、冗談でも、そう口にするのは実家女子でした。

 

雅治をあきらめろという話ではないのですが、「理想に近い男でないなら、無理して結婚なんかしなくても! 一生住む家もあるし、死にはしないからね」 なんて安心感がある実家暮らし女はS級の危機的状況にあると思ってもらってもかもいません。

 

まとめ

  • 実家暮らしであれば今すぐ引っ越して、男性の評価を上げるべし
  • 一人暮らしの孤独と不安は婚活の力になる
  • 一人暮らしをしているというだけで、男性からは女子力が高く見られ、お誘いも増える

早く結婚するための具体的な方法はこちらをご覧ください >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加