早く結婚するための婚活の種類とポイント

早く結婚するための婚活の種類とポイント
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

早く結婚するための婚活の種類とポイント

 

ここでは、婚活にあたっての具体的な行動及びそれにおける留意事項等について述べていきます。

 

婚活においては「如何に早期に、条件の忿う相手と結婚するか」が目標であるので、正式に婚約するまでの間は「二股・三股」は当たり前のように行われます。お見合いデートを一日にダブルヘッダーすることも一般的です。

 

「自分はそんな器用なことは出来ない」「倫理的に抵抗感がある」などとは言わず、短期間での成婚に向け、複数の相手と同時並行で進めてください。

 

また、条件が合わない場合には容赦なく「お断りする」覚悟も必要となります。「後腐れの無さ」も、恋愛と異なる婚活のリスクの低さであり、利点でもあります。「ご縁が無かった」相手とは、二度と会うことはないのですからどんどん婚活を進めていきましょう。

 

また、サービスによっては男女間に価格差が設けられている場合が多いのですが、この価格差があまりにも極端なサービスは避ける方が良いと思います。利用する前に下調べと資格検討がとても大事になってきます。

 

そして、金額が少ない方は遊び感覚となる傾向があり、逆に金額が高い方が真剣となるという温度差が生じてしまいます。

 

自分に合った婚活方法を見つけていきましょう。

 

 

「婚活」と聞いて真っ先にでイメージされるのは、「サンマリエ」「ノッツエ」等の結婚情報サービス」ではないでしょうか。

 

これらのサービスは相応の入会金・月会費を支払う必要がありますが、これらの入会金等は一部の職業(一部上場企業社員、公務員、医師、士業等)においては割引される場合が多いです。

 

また、特定の職種を対象とした結婚情報サービスも存在するのです。

 

上手く行けば「成約退会」という形になるのですが、この時に成約料を支払う必要がある場合が多いのも事実です。

 

これらに入会すると、多数(数万人)の会員データをマッチングした上で条件にきう相手を紹介され、会ってみたいと思った相手に対しては結婚情報サービス業者を通じてアポを取り、双方の意向が合致したら面会(デート)というのが一般的な流れです。

 

利用している人数が多いという点ではたくさんの出会いが期待できると言っていいでしょう。

 

更に、結婚情報サービスは独自の「お見合いパーティー」を催していたりします。

 

このように、「マッチッグによる紹介」と「お見合いパーティー」が結婚情報サービスの主なサービス二本柱であると言えるのです。

 

友人から聞いた話によれば、ある結婚情報サービスは高額な会費の割にサービスの実態としては「放置」に近く、担当はほとんど面倒を見てくれず、基本的には自分で動かなければならないということでした。

 

更に酷いケースでは、このようなサービスにおいては「宗教関係」の者が一定数紛れ込んでおり、数回のデートの後に「結婚の条件として入信を提示される」という事案があるようです。

 

このような状況から、これらのサービスを利用する時には「十分な下調べが必要」と言えると思います。

 

 

次に連想されるのは、「Yahoo!お見合い」「エキサイト恋愛結婚」「pairs」をはじめとしたネット婚活サイトです。

 

これらは月会費は数千円程度であり、無料のサイトも存在するということも含め、結婚情報サービスに比ぺれば遙かにりーズナブルで利用できます。

 

自分のペースで活動が出来る一方で、コストが低いだけに結婚情報サービスや結婚相談所に比べ「真剣度」が低い傾向にあるということは否めません。

 

ある意味「究極のセルフプロデュース」とも言え、自分から積極的に動くことが求められるのです。

 

また、プロフィールページについてはまさに「セルフプロデュースの場」であり、可能であれば異性の友人知人に見て貰うことが望ましいです。

 

ポートフォリオという意味から、複数のサイトに登録するのは基本であると言えます。

 

また、これらのサイトにおいては「独身証明書」「学歴証明」「社員証の写し」「収入証明」等を求められる場合があります。これらはネットという相手の姿が見えにくい中で「信用の証」でもあるので、積極的に提出するようにしましょう。

 

また、連絡等については当然のことながら「迅速さ」「マメさ」が重要であるということは言うまでもありません。

 

いずれにせよ、金銭的なコストは比較的低廉で済みますが、その代わりに、自らが積極的に動くということが大事になってきます。

 

そして、「ネット婚活で知り合った相手から投資マンションの購入を勧誘された」という事案もあるので、利用にあたってはそのような注意(一定の警戒心)も必要となってきます。

 

 

「エクシオ」に代表されるいわゆる「お見台いパーティー」、あるいは前述の結婚情報サービスが主催するパーティーも、「婚活」の代表的なものです。参加資格に制約があるパーティーも多く設定されており、年齢別、職業限定といったパーティーも開かれています。

 

お見合いパーティーの方法としては世間で一般的にイメージされているとおり、20組程度の男攵が自己紹介を書いたプロフィールカードを持ち、男性の側か順次移動して順番に入れ替わりながら回転寿司方式で自己紹介を繰り返し、一巡した後はフリータイムとなり、最後に希望を提出してマッチングをするというスタイルが一般的です。

 

一度に多くの人と直接話せるということは、他の方法にはないお見合いパーティーならではの最人のメリットがあります。

 

このようなパーティーにおいては、一度に20人もの相手に自己紹介を繰り返す訳なので、その間に疲れてしまうこともあります。また、ごく短時間の印象で相手を選ぶことになるため、容姿を含めた第一印象や短時間での自己アピール、プロフィールカードの記載内容が重要となり、じっくりと判断することが出来ないのです。

 

「短期間で白黒をつけあうシビアな場」であり、ある意味直感的であると言えます。さらには、容姿等で上位の参加者に異性からの人気が偏ってしまう傾向があり、結局のところ多くの出席者は多数出席を繰り返してもマッチングに至らないということは容易に想像できるのです。

 

これらの点から、「お見合いパーティー」は「婚活」の場としてはあまりオススメできないのです。大半の人にとっては効率が悪いということになってしまうのです。

 

しかし、逆に言えば「外見や第一印象が良い人にとって効果的なシステム」でもあり、そういう人であれば少ない回数で決まる可能性はあるのです。

 

もし婚活パーティーに参加するのであれば「マッチングがなくて当たり前、運が良ければマッチングがある」ぐらい内心構えが必要になるのです。しかし、絶好の異性との会話の練習の場にはもってこいの環境であることは確かです。

 

また、「お見合いパーティーにはサクラが混ざっているのでは」という疑念は常に付きまとうものです。

 

一部で行われている自治体主催のお見合いパーティー・婚活イベントであれば、そのような疑念はほぼ払拭され安心感があります。

 

自治体主催のパーティーには「専門業者に委託」と「自治体自らが運営」とがあります。前者は運営は手馴れている可能性が高いのですが、良くも悪くも「ありきたり」になりがちである一方で、後者は運営に慣れていないのでイベントとしてイマイチである場合もあります。

 

 

現在となっては多少古典的に感じられるところもあるのですが「結婚相談所」というものも今なお活躍しています。

 

これは前述の「結婚情報サービス」よりは小規模な運営で行われているような、「仲人さん」「お見合いおばちゃん」的なサービス・事業ともいえます、「日本結婚相談所連盟(IBJ)」に加盟している個人事業主も多いです。

 

このようなサービスを利用する場合には、「どのようにして信用できる仲人さんを見付けるか」ということに掛かってきます。入会にあたっては仲人さんによる面談があり、条件や意向(本気度)によっては入会を謝絶される場きもあるのです。仲人さん自身が信頼出来、そして自信を持って相互に紹介出来る顧客でないと入会させないということなのです。

 

結婚相談所においては仲人さんが持っている男女の身上書(個人で持っている人だけでは足りないので、IBJの検索を行う場台もある)を見て、マッチングを行い紹介します。

 

勿論本人の希望もあるのですが、「釣書」の名の通りまさに「釣り合い」で選ぶことが多くなります。

 

また、お見合いデートのマナー等々についても(人によりますが)手取り足取りアドバイスがあるのも助かります。

 

このサイトでも「異性の友人知人に身上書や服装をチェックして貰うことが大事と言っていますが、仮に異性の友人知人が居ない場合であっても結婚相談所ではこれらについてプロの観点からアドバイスを受けられるのです。

 

下の表はある結婚相談所の料金(税別)及びサービスの対応表ですが、おおむね結婚相談所の料金の相場はこの程度であるといえます。

 

 

このようにサービス内容により複数のプランが設定されているというのがー般的です。費用が高額であるというのもあり、「冷やかし」はあり得ず、参加者は本気度が高いと言えます。

 

結婚相談所を利用しての婚活は早く結婚したい人にとっては最適なサービスといえます。

 

 

自分にピッタリの結婚相談所を見つける方法はこちらから >>

 

その他(紹介等)

 

友人・知人・親族等から紹介を受けるにあたっては、日頃からの信頼関係の構築が最重要となります。

 

特に友人・知人であれば、紹介する側にも「メンツ」があるので、紹介する側にとって紹介して恥ずかしくない人間でなければなりません。

 

また、いくら「誰か紹介して」と主張していても、「あの人にはちょっと、大切な友人・知人を紹介することは出来ない」と見られたら、紹介されることはないのです。日頃からの良好な友人関係・人間関係の構築が重要となります。

 

この紹介される相手は、異性の知人(既婚者の場合が多いでしょう)の友人、あるいは同性の友人の配偶者の友人などといったパターンが一般的には考えられるのですが、友人・知人の数が限られる以上、多くの人と会うのには限界があります。

 

そのような意味からは、メインの婚活手段としては使えず、あくまでも補助的な手段として見るべきなのです。なお、私白身は過去に友人・知人から紹介された経験は、片手で数えられる程度です。

 

このほか、合コンや街コン・相席屋等での出会いというのも考えられるのですが、これらは一般的には「その場を楽しむ」ということが主な目的となる傾向があるので、相手方には「結婚相手探し」としての目的意識がない場合が多く、「婚活」としては極めて非効率なのです。

 

このほか、「親の代理婚活」というものも存在します。これは親同士が集まって息子・娘の身上書を持って相手の候補を探すというものです。

 

親同士では先に話がついているので話が先に進みやすいというのがウリであると思われるのですが、しかしながらこれも親が前のめりになって本人の意向を無視して勝手に進めているだけで本人は結婚への意志が薄いという場合が多いため、全くお勧め出来ません。

 

さらに、「婚活」の新たな試みとして、「婚活サードウェーブ」を自称し、「一般公募」というこれまでに無い大胆な方法を取っています。

 

Facebookページ上で自身の身上書(釣書)や結婚相に求める条件等を公開した上で、まさに企業の求人の如く「公募」を行い、応募者の中から複教回に渡る面談やプレゼン等を経て結婚相手を選ぶというものです。

 

現時点では結果は出ていないものの、今後このような形、あるいは更に異なる形での「婚活」を行う事例が他にも出てくる可能性はあります。

 

早く結婚するための具体的な方法はこちらをご覧ください >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加