婚活から結婚までの期間はどれくらい?どれだけ努力すればいい?

婚活から結婚までの期間はどれくらい?どれだけ努力すればいい?
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

婚活から結婚までの期間はどれくらい?

 

婚活はある程度まで回数をこなすほど、男性の求めるものや自分の市場価値、どうしたらいいか?がわかってくるものです。

 

しかし、結婚するにはどの程度努力すればいいのでしょうか?

 

これには、ご自信の状況も、理想もあります。結婚したい!と決めた期日に合わせて動いてもらえればと思うのですが、私が見てきた実例をもとに、程度別にご紹介させていただきます。

 

「出会いがない!」という女性の特徴

 

ここで突然の経験談ですが、私は合コンのセッティングをよくお願いされるのです。そこで一つの問題は女子メンバー選びです。

 

フットワークが軽い友人たちは、

 

「合コン? ありがとう! 行く行く!」

 

確認するのは自分のスケジュールが空いているか、いないかなのです。

 

「うん、空いてる!(以上それだけ)」

 

で完結するのです。

 

一方で、普段「出会いがない!」とおっしゃる女子に意外と多いのが、お誘いすると、

 

「会社名は…? オゴリ? 場所はどこ? あ…そう。考えとく」。

 

その3日後、「その場所はちょっと遠いから」などの理由で断りのお返事をもらうのです。幹事として時間がないと、素早くOKしてくれた女子には何度も声をかけたくなるものなのです。

 

「出会いはほしいけど〜。お誘いあってもいつも3曰くらい迷って返事できないの!」

 

こんな方、もしかしたらせっかくのチャンスをフットワークの重さで無駄にしているかもしれません。

 

尻込みしてしまう性格なら、一人で婚活パーティーやネットに挑戦するのは難しいかもしれません。ならば、合コンでなくても、まずは、誘われたイベントにすべて断らずに参加するだけでも充分進展はあるはずです!

 

そして、その催しを、

 

「楽しかった! ありがとう!」

 

といってもらえれば、企画した側にとってはとても嬉しいことになるのです。

 

さらに、10名の男性と自力で知り合うよりも、それぞれ10名男性を紹介してくれる女友達を大切にするほうが、簡単であるし友人とも親しくなれて、印象もいいのではないでしょうか。

 

気持ちいい返事をしてくれる子には、出会いの話が自然と多くやってくるものなのです。

 

ぜひ心の隅に書き留めていただければ幸いでです。

 

どうやら、婚活から結婚までのまでの期間はこのフットワークの軽さがカギになっているようです。

 

より短期間で出会いに結び付けるためには

 

結婚したS(20代)は何とか20代のうちに結婚したいと企んでいました。多忙により、まとまった婚活の時間はなかなか取れなかったのですが、

 

「××つていう立ち飲み屋が出会いの聖地らしいよ!」

 

と情報を教えてもらうと、数週間後、次に会ったときにはすでにお店を経験済み。しかも一人で突撃していたのが見事でした。

 

仕事帰りに思い切って立ち寄ってみては、どんな人がいたか等々、細かくチェックしていて報告してくれるのです。

 

「いつか行ってみるね!」

 

このセリフは通常、一生行かないセリフに等しいのですが、彼女の場合は情報を仕入れたらスグに活かすのです。教えたほうも嬉しくなるので、新たなネタを提供したり、なんとか力になりたいと思うのです。

 

この、入ってくる情報量が多いだけでも一歩も二歩もリードなのです。たまたま知り合った人との話題に困ったら、

 

「わたしの周囲で、××が話題になっているんですがご存じですか?」

 

と話すネタにもなる。相手が知っていて話題にできればよし、

 

「一緒に行ってみる?」

 

「そういうお店が好きなの?」

 

と一緒に出かけるきっかけにでもなれば大成功です。

 

ぜひ、まずは身近な情報に耳を傾けて、少しでも試してみてください。

 

なお、少しだけ動き出すと、さらにフットワークは軽くなる性質があるようです。

 

行動するのを始めはためらっていたTという友人の女性がいたのですが、しぶしぶでもくり返しているうちに、いいと聞いたネット婚活を開始し、相席屋を覗き、いつの間にか結婚相談所の門も叩いていました。果てには一人暮らしも開始していました。

 

そして、気がついて見ると結婚が決まったというから驚きでした!

 

あれほど「出会いがない!」といっていたTとは思えないほどの変化だったのです。

 

新人の頃、上司から教えられた仕事術に、このようなものがありました。

 

「始めるのが億劫な仕事は、まず15分だけ手をつけてみろ。そうすると、全体でどれくらい時間がかかるかわかる。計画が立てられる。ゴールまでが見えるから、手をつけるのが億劫ではなくなる」

 

結婚はしたいけれど、婚活って…と気後れしている方は、結婚までの期間を考えるよりも、まず一つだけでもフットワーク軽く楽しんでみてください。

 

年を重ねても彼氏ができるのはどんな人?

 

蛇足かもしれませんが、見た目が10以上若く見える可愛らしい友人(40代) の話をさせていただきます。

 

彼女、何よりすばらしいのは見た目ではないのです。驚異的なフットワークなのです。

 

急なお誘いでも快く、誰よりも早く返事をくれるのです。片道2時間かかっても、お誘いした会には駆けつけてくれるのです。

 

回数もこなしているので場慣れしていて、ひと回り以上年下の彼氏がポン!とできたりするのです。

 

やはり、フットワークの軽さは最強の武器なのかもしれません。

 

まとめ

  • 集中して回数をこなすほど、要領がわかって早く出会いを得やすくなり結婚が近づく
  • お誘いがかかったら、躊躇せずにその場に参加してみる
  • 女友達は大切に!男性をたくさん紹介してもらえる可能性があります。
  • 教えてもらった婚活情報には、トライ&報告でさらに情報を集めるようにする

早く結婚するための具体的な方法はこちらをご覧ください >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加