女性が早く結婚するには自分に似合う服装で婚活する

女性が早く結婚するには自分に似合う服装で婚活する
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

自分に似合う服装で婚活する

 

いきなり結論からいうと、婚活ファッションは高価な服や流行ではなく「清潔感があるか・自分に似合っているか・自信が持てるか」がキーポイントになります!

 

一般のまじめな男子からすると、洗練されすぎていない女性のほうが、女慣れしていない彼らにとって安心感がある場合もあるのです。

 

清潔で、似合っていれば、自然と褒められることが増えて、自信がわいてくるものです。魅力的な艶が出てきます(ただし、似合っていてもセクシーすぎる服装はNG)。

 

僭越ながら、セクシースタイルの反省事件と、ファッションに自信がない女子が「似合う服装がわからない!」といっていた場合の大逆転事例をまとめてみました。

 

婚活にセクシーさはいらない

 

当時、マキ(アラサー)はとにかく目立っていました。

 

まつげがバサバサの大きな目、茶髪の髪をグルグルに巻いて、胸元は深いV字に開いたワンピース。

 

「これ、お気に入りなの」

 

彼女、谷間メイクには命を懸けており、ヌーブラで肉を寄せたところに、パット入りブラでさらにボリュームアップ。男性は誰もが胸元に釘付けとなったものです。

 

「あ、お姉さんいまヒマ?」

 

街を歩けば男が群がり、合コンに行けば男が群がり、とにかく彼女の周りにはたくさんの男が集まるのです。その多くはカラダ目あてで、実は彼女が身持ちの堅い女だとわかると、男たちは去っていったのですが。

 

「あたし、2度目のデートに続かないの」

 

マキは困っていたが、それでもセクシー路線を貫いた。

 

「だって、あたし胸って大切だと思うんだよね」

 

確かに、男性の(性的な)視線は集められます。

 

こぼれるほどの谷間で勝負したいのならば、結婚は副産物として、恋愛を楽しむくらいの覚悟が必要です。乳にすべての注目を持っていかれるので、「人格はあくまでもオマケですよ」というポジションで見てもらうしかなくなるのです。

 

まずは女子アナ風を目指しましょう

 

ヨウコは長年彼氏がおらず、アイドルに夢中になるうちにアラフォーになりました。

 

コンサートやテレビを見ているだけで幸せな生活。しかし、「え!?気付いたら同窓会で結婚してないの私くらい!」

 

と、奮起し婚活を開始したのでした。

 

が、着ていく服がまるでないのです。彼女が持っているのは、仕事用のスーツ、そして、モサッとしたパンツばかり。

 

「な、なんか、オバサン?」

 

体型まで野暮ったく見えるのでした。

 

そこでヨウコがとった行動はすばらしかったのです。思い切ってすべてを処分しました。無理しない範囲で女子アナファッションを取り入れたのです。

 

清楚スタイルにチェンジしたのです!個性は不要なのです。毎朝ニュースで見かける服装を真似するのみ。美容院でも、

 

「清楚な感じに。女子アナ風にって、おこがましいですかね(笑)」とリクエスト。

 

「いや。いいんじゃないですか〜。王道の可愛い感じにしますね〜」

 

そして、がらりと雰囲気を変えることに成功し、数ヵ月のうちに、彼氏ができたのです。

 

「あのね、職場や友人にも好評で…おしゃれって楽しいんだね。ワクワクする気持ちを味わっているの!」

 

嬉しい出費が続いているといいます。褒められて伸びる彼女、どんどんキレイにになっていくのです。

 

もともとファッションに無頓着ならば、まず王道の女子アナ系を真似しておくと間違いはありません。

 

結婚の挨拶で彼の両親に会うときのウケも抜群になります。

 

女子アナ風が似合わない人は

 

ヨウコの場合、お手本がハッキリしていたので、真似しやすかったのです。

 

しかし、女子アナファッショッに違和感がある人や、具体的にどんな女子アナならいいのか、判断がつきにくい方もいるでしょう。

 

そういうとき、似合う服装・メイク・髪型のタイプを教えてくれるのが「骨格診断」「カラー診断」です。

 

おしゃれのセンスは不要です。似合う色×似合う素材×似合う形がわかれば、当てはまる洋服を選べばいいだけです。資格を持ったプロに相談できればベストです。

 

本なら、1,000円ちょっとで、センスよく見られる知識が得られます。

 

本を一冊読む時間がないようなら、いまはインターネットでも気軽に骨格診断の簡単なテストや、「パーソナルスタイリスト」のサービスを申し込むこともできます。

 

また、セレクトショップの人や美容師は年間に数百人のお客を見ているプロなので、似合う服装や髪型を相談したり、お任せするのも賢い手段です。

 

自分に似合う服装で自信をつける

 

服装で「自信がある私」をセルフプロデュースする手もあります。

 

友人のアサコ(アラサー)が勝負時に着用するのが、黒レースのワンピースにピンヒール、そして日傘です。

 

この3点セットで街を歩いていると、

 

「あの、お姉さん、いま時間ありませんか?」

 

と、彼女は必ずナンパをされます。しかも、最高に丁寧な扱いを受けるのです。

 

私も何度かアサコにメロメロになった男性に会ったことがあります。

 

「アサコさん、来てくださって、ありがとうございます!」

 

態度から言葉から、彼女を価値の高い女として見ているのがビシバシと伝わってきました。

 

ある者など、

 

「もう。とにかく目立っていて、一目でやられた」とはにかんでいったのです。

 

「ここで声をかけないと後悔する!って。普段ナンパなんてしないのに、焦りました」

 

などというではないですか…。日傘にノックアウトされたようで、強烈な第一印象がずっと続いていたらしいのです。

 

(ちなみにアサコの普段着はいたってラフで、オッサン系の立ち飲み屋が出没地。それが三種の神器を身に付けた途端、大変身である)

 

なお、私もこの3点セットは好んで使っていたのですが、まるで効果はありませんでした。自分をよく見せるテイストというものがあることを実感しました。

 

万人がこれを着たらなんとかなる!なんてアイテムはないのです。その時代、その年齢のあなただからこそ、着た瞬間にあなたを輝かせる洋服をみつけてください。

 

想像してみてください。ティーンエイジャーが制服でクロエの鞄を持っていても、違和感がないですか?

 

しかし、シックなワンピースを着た60代のマダムが、丁寧に手入れされたものを手にしていたら、その年齢の重ね方にさえ憧れるのではないですか?(逆に、10代に似合うだろうミニスカートを穿いた婦人に、せつなさを感じることもあります)

 

かくして已に似合う3点セットを探す旅は、一生続くのでありますが、それは女子として生まれた楽しみでもあるのです。

 

自分を最高に引き立ててくれる服に出合う喜び、婚活の息抜きに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

  • 自分に似合う服は自分の価値を何倍にも高めてくれる
  • セクシーすぎる服は婚活にはNG
  • 迷ったら女子アナ風の服装を。プロに相談するのが一番簡単にレベルアップする方法
  • 自分に合った服装を見つければ自信と魅力がわいてくる

早く結婚するための具体的な方法はこちらをご覧ください >>



 このエントリーをはてなブックマークに追加