早く結婚するには

早く結婚するにはどうしたらいいの?結婚できる方法を紹介します
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

早く結婚したい!では、どこに行けば出会いはあるのでしょうか。

 

結婚を考えている人たちがこんなことを言っていました。

 

「合コンに行っても、いい人がいない」「合コンってガツガツしてる人が多くて…自然に出会うのがいちばん理想だよね」とのこと。

 

しかし、あるデータによると結婚したかカップルの1/3以上は合コンで出会い、結婚しているのだそうです。

 

私の周りにも、合コンで出会って結婚をしている夫婦が多いのですが、たまたまそういうタイプが周囲に多かっただけだとしても、やはり出会いを求めて集まる合コンは、いまだに主流の婚活の戦術です。

 

しかし、合コンは戦略と慣れも必要です。参加人数も限られており、男女それぞれ3〜4人しか集まりません。1〜2回の参加ではすぐにピンとくる出会いはないかもしれないですよね。でも、完璧ではないものの、古典的な手法は周囲に経験者も多いものです。アドバイスももらえるし、開催回数も多く参加しやすいので多くの人が参加しています。そのため、次に挙げるように、合コンは結婚の出会いのきっかけ第一位になっているのではないでしょうか。

 

データによると、結婚するきっかけとなった出会いは、合コンが全体の35%、友人からの紹介が全体の30%、その他の35%は結婚相談所や婚活サイトや婚活パーティーなどの婚活サービスを利用して出会っているということです。

 

このデータからもわかるように、婚活サービスを利用した出会いがとても多くなっていることがわかります。ちょっと驚きですよね。婚活サービスを利用するハードルがかなり低くなっていることがわかります。

 

 

早く結婚するには、やはり出会いが大事!スグに早く結婚できる出会いの場を探したい人はこちらをご覧ください >>

 

 

合コンは婚活の基本になる

 

 

合コンはすべての婚活のベースになるものなのです。

 

  • 初対面の人と会話をすることによって、コミュニケーション能力を磨くことができる
  • TPOに合わせた服装や食事、会話中ののしぐさで、基本的な生活志向や作法・礼儀をわきまえた人かわかる、伝えられる
  • 複数の男女で集まるので、集団や同性間での立ち位置も知ることが可能
  • 店員への対応で、普段のその人の他人に対する態度を確認することができる

 

このように、人間として見極めるための基本的な要素が詰め込まれているのが合コンです。「人間としてどうなの?」って人とは絶対結婚したくありませんからね。

 

合コンを一度も経験したことがない、という方には人生経験として参加をオススメしたいところです。たとえいい出会いはなくても色々なスキルがアップします。

 

合コンは話術を工夫したり、学んだ戦術を実践するのにも向いています。気が向かなければ、相手には二度と会わなくていいからです。職場で試すよりも、リスクをかなり低くおさえることができます。しかも、少なくとも、幹事が「紹介できる」と思う程度のメンバーが集まることが基本です。

 

もちろん、「会ってみたら上から目線なうえに酒癖が悪かった」「実は既婚者が紛れ込んでいた」なんてこともあり得ます。しかしそれでも、合コンが結婚のきっかけとなった出会いで堂々1位になっているのは事実です。

 

つまり、合コンに参加すれば、何もせずに運命の人を待ち続けているよりも、高確率で結婚できるはずなのです。

 

 

合コンで婚活の基礎を学んだあとは

 

そして、基本となる合コンを経験したら、以下の婚活法にも進出していきましょう。

 

  • 街コン…数時間のうちに、同性のペアで街中を移勤し、異性ペアと約30分程度の合コンを繰り返すイベント
  • 婚活パーティ…さらに人数が多い合コン
  • 婚活サイト…ネットを利用してやり取りしながら結婚相手を探す
  • 結婚相談所…サポート付きの婚活サービス。大人数の場でアピールが苦手なタイプ」の人は成功確率アップ

 

合コン一本で攻めるのではなく、色々な婚活サービスを利用するとたくさんの人と出会えるようになるので、さらに結婚できる確率はアップします。

 

 

人に出会いを聞かれても大丈夫

 

「だけど、やっぱり合コンとか婚活サービスを利用しての出会いってちょっとイメージが悪い!結婚式で『出会いは合コンです』とは恥ずかしくて言えない」という人も少なくないのも事実です。

 

そういう方にお伝えしたいことがあります。婚活における大切なステップは、「自然に出会って恋愛結婚する」という幻想を捨てることです!この幻想は非常に人気で、幅広い年代に支持されています。

 

例えば、隣のおばさんが、「あら、こんにちは。聞いたわよ、ご結婚されるの〜? どちらで出会われたの? ・・・え? 合コン? あらあら、まあまあ。 合コンねえ〜。ふううん。最近の若い子は、そうなのね〜。」

 

なんて、ここまでいやらしい問い詰められ方はほぼないとは思いますが、結婚式でも、そんな近所のオバちゃんに聞かれたときも、はにかんだ笑顔で、「人からの紹介で出会ったんです」と答えればいいのです!

 

 

 

ここで、ちょっと思い出してほしいのです。いままでいくつありましたか? 自然な出会いが…

 

  • 高校時代の同じクラスだった人
  • 大学生のサークル仲間
  • 新卒か転職で入った職場の同僚や先輩や後輩

などなど

 

断言してもいいです。これらに出会って3ヵ月目までを逃したら、意図的な出会い以外ありません!出会い頭にぶつかった人と恋に落ちる可能性は、1億円の宝くじに当たるよりも低いのです(現に、私はそのような自然な出会い方で結婚に行き着いたカップルとほとんど出会ったことがない)。

 

もう少し現実的なところで、同じ職場であまり話したことがない異性と、何かのきっかけでよく話すことになり告白され!結婚も!と進む成功率を検証してみましょう。

 

まず、人が出会って、恋人になるのはほぼ3ヵ月以内が多いことをお伝えします…。周囲を見回していただいても、「出会ってからずっと、お互い意識してる両片想い状態で半年経ってるんです!」などの、潜在カップルによるイチャつきを除けば、お互いフリーなのに半年経ってもカップルにならない相手とは、10年経っても恋人にはならないほうが多いはずっです。

 

そのような状態が続くと、何らかのきっかけが起こる可能性(白分からは動かず)は、運任せのため1%の保証もできないのが現実です。

 

もしくは、気になる人が恋人持ちで、恋人と別れるタイミングを狙って虎視眈々とマークしていると想定しましょう。それも一つの戦い方です。しかし、その人がその恋人と別れ、かつ、あなたに好意を持ち、長期間かけて築いた関係を壊してまで告白してくる…という確率は、数%程度しかないのではないでしょうか。それまであなたの時間を無駄にするのはとてももったいないことです。

 

いつまでも「自然結婚戦略」にこだわっていたら、結婚するのは来来来世になってしまいます。

 

たとえば、同窓会での自然な出会いも希望者多数なのは事実なのですが、しかし、多くの体験談をもとにいわせていただければ、

 

「皆、ただのオジサン・オバサンになっていた」と同窓会帰りの人は嘆くばかりなのです。同窓会での再会ラブを期待する方には恐縮だが、再会してトキメキを感じさせてくれるような異性は、ほぼすでに他の人のものなのです。

 

「自然に出会いたい〜!」と何もせずに待っている間に、いい人は積極的に動いた人のものになってしまうのが絶対の法則なのです。

 

早く結婚するには、「自然な出会い」幻想を捨て、自ら婚活戦線に躍り出ることがとても大切です。早く結婚するための第一ステップとして、このことは決して忘れないでいただきたいのです。

 

では、次の項目では、早く結婚するために、具体的にどこでどんな出会いがあるかをお伝えしていきたいと思います。

 

 

早く結婚するには、やはり出会いが大事!スグに早く結婚できる出会いの場を探したい人はこちらをご覧ください >>

 

 

 

結婚式の披露宴の新郎新婦の馴初めで、いちばん耳にするのがこちら、「友人からの紹介」ではないでしょうか。

 

婚活をしている人も、「合コンで出会うのは嫌だけど、紹介ならいいよ!」と、「出会わせ方」に注文が入ることも多いものです。

 

どんな出会いも誰かの手を介しているのです。合コンも「友人がいなければ出会えなかった紹介」だし、そもそも大切なのは出会い方より出会ってからですよね。

 

しかし、某新婚インタビューで見られるように、

 

「お二人はどうやって出会ったんですか?」

 

嫁「信頼できる友人がお互いにいるんです〜」

 

夫「彼(彼女)らに紹介されまして」

 

嫁「そうそう、『すごくいい人なの! 絶対気が合うよ』 って会わせられたのがきっかけで〜!」

 

などと、人間的なつながりがアピールでき、必死さも感じさせない。これが、一部には「出会い方」として好印象という事実なのだそうです。

 

そこで、その「友人からの紹介」を狙いたい人ならば、普段から友人にお願いするだけでなく、紹介したくなるだけの恩を提供しておくべきなのです!

 

 

実は「紹介する側」は相当大変

 

紹介する側からすると、この「いい人を紹介する」という作業は相当な仕事を」しなければならないのです。

 

相手の選定から日時の決定、お店の予約…手間も時間もかかります。しかも、自分の信頼をもとに紹介するのだから、男女ともに相手に失礼のない人物であることを保証する必要もあります。

 

そして、紹介した二人が無事にうまくいくという保証もない…。

 

それらのことを踏まえたうえで、友人からいい人を紹介してほしいのであれば、

 

「ぜひこの人たちどうしを紹介したい!」

 

と思われる友人との関係を日頃から構築しておく」必要があります。

 

自分に紹介がない場合は、逆に自分の知り合い男性の誰かを未婚女子に紹介して、恩義を積んでおくことも大切になります。早く結婚したい気持ちは痛いほどわかりますが、急がぱ回れなのです。

 

 

 

前項でも申し上げたのですが、

 

「合コンとかじゃなくって、自然に出会って恋愛して結婚したい!」という信仰を捨てた者から、新しい出会いを得られるのです!

 

ここでは、現実的に、結婚へつながる出会いがあり得る場を、戦略と共にまとめてみました。

 

 

「合コン=チャラい」と避けてはいけない

 

合コンは大学生が行うような、チャラついたイメージが強いかもしれません。合コンと聞くと、「そうじゃなくて、もっと結婚につながる、ちゃんとした出会いがほしい!」と拒絶反応を示す人もいると思います。まじめで、きちんとした人ほど「合コンはチャラい!」と感じるようです。

 

しかし、合コンほど忍耐力とコミュニケーション能力が必要とされる場所はないのです。

 

  • 集団面接状態でよく知らぬ者と過ごさねばならない
  • いやらしくならないように自分をPRしなければならない
  • 素敵だと思った人が、他の人を気に入ることもある
  • 「いい雰囲気で終わった♪」と思ったのに、誰からも連絡がないこともある

 

などなど、実は、かなりしんどいイベントなんです。でも安心してください。一部例外は存在しますが、ほとんどの人がそう感じているのです。

 

合コンは性格・見た目・コミュニケーションカすべてが試され、もまれる場所なのです。だから苦しいものなのです。

 

だが、人はもまれてこそ、洗練されていくものです。

 

人気者になった芸能人を、誰でもいいので思い起こしてください。最初の頃は、トークも見た目も「なんだかあか抜けない…?」と感じたのではないでしょうか。しかし、そこから生き残っていく方は、バラエティ番組でイジられて切り返しが面白くなっていったり、見た目が洗練されていったり…何事ももまれるからこそ、磨かれていくのです。

 

そう考えたとしても、やはり合コンは試練の場所です。必要な心構えは、一度や二度不発だったからといって、絶対に落ち込まないこと!であるのですが、なかなか難しいものです。苦しむゆえに、やめてしまう人も少なくありません。

 

だからこそ、ここでお伝えしたいことがあります。合コンを確実に成長でき、有益な時間にするための秘策をお伝えしましょう。

 

 

合コンはモテることが目的ではない

 

 

何より重要なことは、「合コンはモテることが目的ではない」という点です。

 

どうせうまくいかなければ、一生で二度と会うこともないだろう相手と会うのが合コンです。

 

合コンの相手は、あなたなりの魅力アピールへの反応を確認するリトマス紙みたいなものです。

 

「この職業にはこの話がモテたな〜」

 

「この服装は褒められた! 意外とカジュアルより、スーツの方が反応がいいな」

 

「独身男性には、最近この女優さんが人気なのか」

 

などなど、色んな発見があります。

 

婚活で20〜30人の男性を一定期間内に恋愛対象として見比べると、自分の意外な好みがわかってくることもあります。

 

「あれ? 細マッチョが好きなはずだったけど、上緒にいて楽しいのは、こんなタイプの男子だったのか!」

 

「細い子しかダメだって思ってたけど、優しくてふっくらした子と一緒にいると落ち着くー」

 

というように、合コンは、獲物と自分を知るための練習に使う気持ちで臨んでいただきたいのです。そう思うと、少し肩の力が抜けきませんか?

 

1度目の合コンで特別扱いされなくてもいいのです。どんなにたくさんからモテても、結局、あなたと結婚できるのはたった一人だけです。最終的に一人だけ見つけたらいいのです!

 

肩の力を抜いて「練習」に参加した合コンで、うまく好みの男性と出会ってつき合えたら、その時はかなりラッキーだったと思えばいいのです。

 

 

合コンでの経験を忘れないようにする

 

また、合コンでの出来事の「振り返り」を必須にしてください。

 

ビジネスでいう、PDCAです。先に申し上げたように、経験の蓄積から学べば知恵になるが、失敗のままにしておけば時間を捨てていることになってしまうからです。

 

友達どうしで合コンの後に愚痴るのではなく、一人になった時間に、

 

  • メンバーの特徴とあなたの評価
  • 相手からウケがよかった会話
  • どんな振る舞いがウケが良かったか

 

などなど、何か一つでいいので、その時間で得られた学び、次回に生かせそうな反省を何かにメモしておき、定期的に振り返ることをしてください。

 

実際に婚活をしていて、これらのポイントをまとめている人は、色々と気付くことが多くなりますし、反省&メモをしなかった人よりも結婚できる確率が確実に高くなるのです。

 

合コンはいい結婚相手を探すための練習場のようなものです。そこでいい人に出会えたら、それはただのラッキーだったと思ってください。

 

合コンで得た知識と経験を知恵にして、婚活に励めば必ずいい人と出会えて早く結婚することができるはずです!

 

 

早く結婚するには、やはり出会いが大事!スグに早く結婚できる出会いの場を探したい人はこちらをご覧ください >>

 

 

 

職場。そこでの婚活は、一般的には入社半年が勝負となります。

 

覚えがないでしょうか? 新卒でカップルになる人は、早ければ内定者研修で出会って交際開始。各部署に配属される初夏頃には婚約していたりするケースもあります。

 

逆に、同じ職場に長くいるほど、結婚に結びつくお誘いは消えていくものです。

 

 

職場の出会いは出会ってから半年以内が勝負

 

自分が入社する場合でも、新しい人が入ってきた場合でも、職場では出会って半年でつき合わなければ、その後はほぼカップルにならないのです。

 

この性質は、色々な人から聞いた婚活エピソードにもあてはまりますし、自分の周りの人に聞いてみてもかなりの確率で当てはまるはずです。

 

新卒・新入学・社会人サークルで これを熟知していた人の驚きのエピソードがあります。

 

その人はいい人と結婚するために、地方から上京して短期の派遣を繰り返し、様々なオフィスへ侵攻していきました。期間は1社につき3ヵ月。3ヵ月で出会わなければ見切りをつけて次の会社へ。

 

かなり極端な話ですが、目的がハッキリした者は強いものです。結果、彼女は見事に商社マンと結婚したのでした。

 

 

職場の同僚からの紹介が狙い目

 

また、職場での出会いがなかったとしても、「間接的な職場」での出会いがあるものです。職場の同僚から紹介を受けるという戦略です。

 

結婚したきっかけが、同僚が開いてくれた合コンがきっかけというケースが結構多いものです。

 

さらに、平成の世では珍しいが、社内にお見合いオバサンもいたりします。

 

独身社員を見つけては、自分の知り合いを紹介してくれたりします。さらに食事にも同行してご馳走してくれるというオマケ付きの人までいるそうです! こんなお節介な人が近くにいたら、それはかなりのチャンスです!

 

「いやいや、社内の人の紹介は面倒だし…。断るのも気まずくなるし」

 

そんなことは思わずに、声がかかったらありかたく受けるべきです。話が来るうちが花なのですから。

 

紹介する人間も、「うまくいかなかったら責任がある」と感じる分、ある程度厳選された相手が準備されるものです。

 

ただし、絶対に手出しをしてはいけないのが社内不倫・浮気です。不倫・浮気によって自分の人生を台無しにすることにもなりかねませんよ。

 

 

 

近頃、結婚したい人達が多く利用しているのがネット婚活です。

 

プライベートでも、仕事でもネットをうまく使いこなす社会なので、抵抗感が少なく利用する人がとても増えています。

 

現在、ネット婚活をしているという人達は、それぞれ異性と食事に出かけたり、恋人ができたりと一定の戦果を得ているようです。

 

もちろん、ネット婚活は最初、相手と直接会わずに連絡を取り合います。一時期の「出会い系サイト」のイメージが残っており、不安もあると思います。しかし、不快な思いをしたら、会う前にブロックや運営者に違反報告をすればいいので、合コン以上にお手軽なのも事実です。

 

現在、大手の企業が運営する、信頼できるサイトは、本人確認や年齢・収入確認、何より、最も重要な独身証明の確認をしています。参加する際の基準にお役立ていただきたいものです。

 

このネット婚活にも、年齢や住居地・離婚歴など様々な検索フィルターがあるので、すべての機能を有効に活用して出会いを探したいですね。

 

ちなみに、現在、日本でいちばん大きい婚活サイトの公称登録者数は約450万人もいます。通常の生活をしていて出会える人数より、はるかに多い市場から選べることになります。そして、自分の希望条件に合った相手とだけ連絡を取ればいいので効率もいいのです。

 

 

ネット婚活の危険性は?

 

しかし、見知らぬ相手とやり取りするなど、怖くないのでしょうか?

 

ネット婚活に詳しい人に訊ねたところ、文章的に合わない人には途中でゴメンナサイするそうです。ちょっとした文章からでも人柄は伝わるといいます。 それに、会うことになったとしても、真っ昼間の喫茶店で1時間だけお茶して帰るくらいなら、危険なことはそんなにないといいます。

 

とはいえ、違和感を感じたらサッと引く判断力と、人を見る目は大切になります。安易に1度会っただけで個人情報は教えないことも大事なことです。…そこは、ネットでもそうじゃなくても一緒ではないでしょうか?

 

ネットを使った婚活は、こまめなやり取りが得意で、判断力がある者には向いているものなのです。

 

なお、このネット婚活、仕事が忙しい人にも便利です。どこにいても、何時でも白分のペースでやり取りできるので、仕事の隙間でも活動が可能です。「せっかく合コンの話があっても参加できない!」という方や、突然の出張が多い仕事の方、集団行動が苦手でも問題なく利用できます。

 

深夜でも、早朝でも、個人で戦闘開始できるのがネット世界のいいところである。さらには、外国人とつき合いたい人もネットをフル活用して婚活できます。

 

ネット婚活の注意点は、誰でも簡単に利用できるため、合コンや結婚相談所のように「仲介者が保証してくれる」ことがない点です。まれに「出会い目的のサイト」をもとにした事件の報道も耳にします。もちろんネット婚活に限らないのですが、「対面した人からのお願いは断れない!」「流されやすい」と自覚がある人ならばなおさら、個人情報を伝えすぎないこと。違和感を感じたらすぐに手を引くなど、慎重になってなりすぎるということはないのです。

 

総合的には、始めは色々な人とメールを使ったやり取りから開始しなければならないので、焦らずにじっくり進めることが成功するための大事なポイントになります。

 

 

早く結婚するには、やはり出会いが大事!スグに早く結婚できる出会いの場を探したい人はこちらをご覧ください >>

 

 

 

数分ごとに回転寿司のネタになったような顔合わせ。その短時間で互いをアピールしフリータイムで話しかけてもらう形式が多いのが、婚活パーティです。

 

婚活パーティーで働いていて、多くの参加者を見比べてきた人によると、「この人、婚活で人気が出る!」というのが受け付けの一瞬でわかるそうです。

 

その知識をひと言にまとめると、「若い人はもちろん人気。だが、それ以上に圧倒的な人気を集めるのはコミュカが高い人!」。つまり、話していて愛想のよい、明るい人なのだそうです。

 

 

コミュニケーション能力は年齢をカバーできる

 

コミュニケーション能力の大切さをわかってもらうために、ここではわかりやすく、二人の女性の話をしたいと思います。

 

それは、20代が中心のパーティにアラフォーの女性が2名参加してきたときのことです。彼女たちはたしかにそれなりに綺麗ではあったが、何より抜群に愛想がよかったのです。結果、フリータイムでは最年長の二人の前に、男性が長蛇の列を作っていたのです。

 

強敵の多くの20代女子を押しのけての勝利。日本人男性に重要視される「年齢」も関係ない人気ぶりだったのです。

 

受け付けの人間にもにこやかに、「ありがとう」とひと言添えられる彼女たち。彼女たちがモテるのは、なぜなのでしょうか? そもそも、初対面の人間と数分話して、ハイ次!という婚活パーティは、男女共ににストレスが大きいものなのです。

 

そのような場では、気を使ってどの相手ともあたりさわりのない会話になってしまうのに、相手に自分をよく見せつつ、相手を評価しなければいけないのです。

 

つまり、簡単に言うと婚活パーティーは気まずいのです。

 

そう、ここで相手を評価することを放棄して楽しく会話することに注力できれば、効果が大きいくなります。あとは、後半のフリータイムで話しかけてきた人のなかからタイプの方を選んで、重点的に話すべきなのです。

 

婚活パーティーでは、「たった数分話しだけど、あの人は印象的だったな。このあと、もう少し話したいな」と思わせた者が勝ちなのです。

 

 

初対面の人に心地よい好印象を残す

 

 

しかし、この楽しく会話する話術、一見なかなか大変そうですよね。

 

コミュニケーション能力は一朝一夕で身に付かないからです。けれど、秘策があります。私の知人で、営業の仕事をしている人が無自覚にやっている方法です。

 

相手のの出身地でも、兄弟の人数でも、血液型でもいいです。自己紹介の前に、

 

「あれっ、もしかして○○ですか?」

 

つい気になって訊ねちゃいました! という態度で質問をするのです。ひと言目で、他の人とは違う印象、そして自然に「あなた(の嗜好)が気になりました!」と伝えることができます。あとは相手側かその質問に答えてくれるところから、会話を進めていくのです。

 

初対面での心地よい会話のコツは、第一印象と、お互いに「あなたのことが”人間として”気になります!」と、伝わる質問をすることにあります(あくまで、男としてではなく人間としてという点がいやらしくないキモである)。自分のことはあまり話さなくても大丈夫なのです。

 

もう一つ、急激にコミュニケーション能力が伸びるコツがあります。話していて面白い人と集中的に親しく過ごすことです。「面白い!」と思った話題は、「私の面白い友人の話なんですけど〜」と、そのまま別の場で利用させていただいてもいいのです。

 

また、人間は近くにいる相手と似てくるもの。長年連れ添った夫婦はもちろん、同じ会社で働いている人たちは、顔つきは違うのに「なんだか似てる」と感じることはないですか? コミュニケーション能力は伝染するのです。コミュニケーション能力が高い人や、憧れの人には積極的に近づいて、伝染してもらうのがオススメです。

 

 

婚活パーティー常連は上手く避けるべし

 

パーティ業者で働いていると、お客が何回目の参加であるのか、データでわかるものなのだそうです。驚いたのは3桁参加の人が以外に多いという事実。最高で700回超えの猛者もいるとか。

 

厄介なのが、そのような人は「はじめて来たんです」なんて言いがらも、場数を踏んでいるので無駄にトーク慣れしていることなのです。

 

そういった常連や、あろうことか未婚をよそだって参加している既婚者においてカップルが成立するのもよく見かけます。誰にでもいえることですが、婚活も就活のように、一定の数をこなすことで場に合わせた振る舞いがより洗練されていくものです。これはその悪用バージョンです。

 

もちろん普通の人もたくさんいます。しかし、本気で出会いを求めている人達の多くは、異性の扱いに慣れていません。たまに、スマートに異性との会話を盛り上げる人も参加してくることがあるのですが。そういう人達は、初参加ですぐに異性から囲まれて奪い合いになるのです(疲れてトイレに避難するひともいるほど)。

 

数分で「魅力的!」と感じる高倍率の人もいいのですが、不慣れな人にも、やさしい目を向けていただくと、掘り出しものの出会いがあるはずです。

 

 

婚活パーティーはエネルギーが必要

 

ハッキリいって、婚活パーティは最もエネルギーがいります。1時間で数回も魅力を出しきらなければいけないからです。

 

また、友人との参加はオススメしません。モテ格差が開いてしまい気まずくなったという話も耳にします。

 

成功する参加者のほとんどは一人参加なのです。逆にいえば、一人でいつでも参加できるのは婚活パーティーの大きいメリットです。

 

合コンのように煩わしい日程調整や、人数集めも必要なしです!

 

関心がわいたときにネットで確認するだけで、前日でも好きなだけ参戦できるのも魅力のひとつです。

 

婚活パーティーはエネルギーは必要ですが、コミュニケーション能力次第で大モテの可能性があるのです!

 

 

早く結婚するには、やはり出会いが大事!スグに早く結婚できる出会いの場を探したい人はこちらをご覧ください >>

 

 

 

結婚への最終手段と思われている結婚相談所ですが、実は早く結婚するためには男女問わずかなりオススメなんです。

 

特に早く結婚したいと思っている若い女性ほど入所をオススメしたいのです。

 

相談所は、お互いの希望に合うように紹介されるシステムです。

 

知人の相談員に訊ねたところ、女性に求められるのは圧倒的に年齢だそうです。そして、昔と比べて女性も男性も入会する年齢層が低くなっているといいます。

 

このように、このサイトの初めにも書きましたが、今は昔と違い、婚活サービスを利用するハードルがかなり下がっていることがわかります。

 

結婚相談所は婚活サービスの中でも結婚の意識が高い人がとても多く、成婚率がダントツに高いサービスなので、早くいい人と出会って早く結婚したいと考えている人にはうってつけのところなんですね。

 

 

結婚相談所は恋愛から遠ざかっていた人に最適

 

結婚は若いほど結婚できる確率が上がります。それは結婚相談所も同じです。特に女性は20代ほど色々な面で強い傾向にあるようです。

 

結婚相談所に長い間入会している人が言うには、多くの男性が「若い女性」扱いするのは35歳が境界線とのこと。超えると一気に申し込みが減るといいます。残念なことに、いまだに日本人男性の、女は若いほうがいいという信仰は根強いのでしょうか。

 

しかし、30代後半でも相談所が大正解だった例が結構あるのです。それが、恋愛から遠ざかったアラフォーのケースです。そういうパターンでうまくいく女性は、正直なところ、合コンなどの集団戦では目立たない。生来の穏やかな聞き上手。しかも教養深いという特徴があります。

 

そういう人は、仕事でとても取引先から大切にされるケースが多く、話していると、「あれ、なんか彼女との話って楽しいな? すごい感心してくれるし、話していること伝わってる実感あるし」と思ってもらえるそうです。

 

つまり、二人で一定の時間を過ごしてこそ、男性は35歳以上の女性の魅力がわかるものなのです。35歳を過ぎた女性は否が応でも1対1で組んでもらったほうがいいのです。そして1対1を積極的に組んでもらえるのも結婚相談所のいいところです。

 

そして、彼女たちがうまくいった理由がもう一つ。35歳以上で、恋愛休業中だった彼女たちの勝因。彼女たちは、年上好きだったのです。「自分より年下」と扱ってくれる男性を狙うのです。

 

自分の適性を見極め、結婚相談所を上手に活用することで、確実に早く結婚することができるはずです。

 

 

 

一番早く結婚することができるのは、やはり結婚相談所です。その理由は、なんといっても一人一人の結婚への意識の高さです。

 

合コンや婚活サイト、婚活パーティーに多くいるような「遊び」「ナンパ」目的の人はいないと言っても過言ではなく、利用している全員が結婚したがっています。

 

成婚率でいえば、特に、「仲人型」の結婚相談所が一番です。入会から成婚まで事細かく面倒を見てもらえますし、結婚するために必要となることの相談やアドバイスなどのサポートが充実しているので、合コンや他の婚活サービスよりも確実に早く結婚できるでしょう。

 

結婚相談所のタイプ

  • 「仲人型」…入会から成婚まで事細かく面倒を見てもらえる。成婚率は一番高い。しかし、その分料金は一番高め。
  •  

  • 「インターネット型」…料金は一番安いが、サポートはほとんど期待できない。婚活サイトの延長のようなシステム。
  •  

  • 「データマッチ型」…仲人型とインターネット型の中間に位置しているシステム。結婚相談所の3つのタイプの中でも一番利用者数が多いのが特徴。

 

結婚相談所と言っても、こんなにタイプがあります。その中から自分に合った結婚相談所を探すのはかなり大変です。

 

結婚できる結婚相談所を探すうえで、いちばん大切なことは「会員数が多いこと」。なぜなら、会員が多ければ多いほど出会いの数が増えるからです。

 

婚活はどれだけの人に会ったかでいい人に出会えるかどうかが決まってくるようなところがあるので、出会いの数は多ければ多いほどいい人と早く結婚できる確率は上がるのです。

 

その点を踏まえて探せばいい結婚相談所を見つけることができると思いますが、では、それらの情報はどうやって集めればいいのでしょうか?ネットを調べれば見つかるのでしょうか?

 

一番確実に自分にピッタリの結婚相談所を探すのであれば、ネットで調べるよりも、各結婚相談所の資料を集めて比較検討するのが一番です。資料にはネットに書かれていない情報もたくさん載っているので、資料を見て比較検討すれば、「こんな結婚相談所だとは思わなかった…」といいうような失敗はなくなります。じっくり比較検討した結婚相談所にすれば、きっと「ここに決めて良かった!」となるはずです。

 

では、資料はどうやって集めればいいのでしょうか?

 

ネットでの申し込み?電話での請求?直接店舗に出向いて手に入れる? どれもかなり面倒な方法です。2〜3社分集めたくらいできっとイヤになります。

 

そこで、オススメしたいのが一括資料請求サービスです。簡単な入力のみで10社以上の結婚相談所の資料を一括で請求できます。しかも無料ですし、その他にも結婚準備金や無料体験などのかなりお得なサービスまでついてくるんです。

 

「早く結婚するために結婚相談所の利用も考えてみたい」という人は利用してみてはいかがでしょうか? 資料を請求したからといって、気に入ったところがなかったら結婚相談所を利用する必要もありませんので、かなりオススメなサービスです。

 

オススメの一括資料請求サービスを2つ紹介します。

 

 

 

 

たった1分!無料で超簡単一括資料請求!

 

 

 

 

自分に合った結婚相談所が選べる!

 

  • 厳選された大手結婚相談所12社の中から気になった資料を何社からでも無料でもらえるのはもちろん、入会前の無料体験のサービスまで紹介してもらえます。結婚相談所をじっくりと比較することができます。
  •  

  • 婚活支援金30,000円までもらえてしまう婚活サービスです。

 

 

料金

総評

サービス

取り扱い資料数

無料

 

 

 

 

 

 

 

優良大手の資料を一括請求!!

 

  • 厳しい選考基準をクリアした大手結婚相談所16社の中から自分にピッタリな結婚相談所の資料を選ぶことができます(最大10社)。
  •  

  • 10万人に選ばれている無料で資料を一括資料請求できる婚活サービスです。

 

 

 

料金

総評

サービス

取り扱い資料数

無料

 

 

 

 

 

結婚相談所の資料は早く結婚したいという方にとって、とても役に立つと思います。さらに、婚活を進めるうえでためになる情報が満載です。

 

「結婚相談所はちょっとね…」という人でも、結婚相談所の資料をもっているだけで、いい人との出会いや結婚にとってのプラスになること間違いなしです!

 

結婚相談所の一括資料請求は結婚への近道になるはずです。資料を見比べて自分にピッタリの結婚相談所を探してみてください。結婚相談所を利用する気はなくても、ただ内容を読んでみるだけでも得るものがたくさんあるはずです。

 

いろんなサービスがついていますし、無料で利用できるので、この2社から一括で資料請求すれば他からの資料は必要ないはずです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加